2014年に向けて2013年を振り返る(ja)

2013年振り返り

明けましておめでとうございます。2013年も「あっ」という間に終わりを告げましたね。すでに年は明けてしまいましたが、2014年に向けて、2013年の振り返りをざっくりですがしようと思います。

2013年の総括

蛇の絵

2013年は、大学卒業、上京、内定者アルバイト開始と、環境的にも、自分の立場的にも変化の激しい1年でした。大学生の時から半ば「憧れのようなもの」だったプログラミングも、「自分事」となり、本気で打ち込める・自分の成長が必要不可欠な、本当に恵まれた環境に就くことが出来ました。これに関しては、その環境を求め、現実化するために思考を続けた結果であるだと思っていて、その点に関してはしっかりと思考ができて良かったと思っています。
しかし、いざ整った環境についてみると、「プログラミング」という愚直で根気のいるプロセスをどこか他人ごとのように感じていました。創造的活動には、努力と根気、そして「壁にぶち当たっても乗り越えるぞ―!」という熱意が必ず必要になります。それは、創造的なプロセスの上で、何ら予想しなかった壁にぶち当たらないことなどありえないからです。創造的・想像的なプロセスは思考的活動だけで満たせると思い込んでいたことが僕が2013年に犯した一番の間違いだったと思っています。

2014年に向けて

馬漢字

2014年は、「考えることに集中する」ことは二の次に、shut the fuck up and write your own code.を常に自分に言い聞かせ、粛々と愚直な1年にします。午年ということで、「力強く翔けながらも、努力を常に怠らず愚直に伸びていく」、そんな一年にしたいと思います。2014年も何卒よろしくお願いいたします。そして、改めまして、明けましておめでとうございます。

追記:
今年のおみくじは末吉でした!上記に書いたとおり、力を蓄える一年だそうです。焦りすぎず、愚直に堅実に精進します。

20140101-165909.jpg