僕がスケジュール管理にGoogle Calendar+Peekを使う理由(ja)

まず、Google Calendarが便利だと気づいた

google-calendar

今までスケジュールはすべて手帳に手書きで書き込み「手帳を見れば全てがわかる!」という状態をキープしていて、それはそれで手書きで書くので書き込んでいる間にスケジュールが頭にのコリ、見なくても「あ、あの日はたしかあの予定が・・・」というように思い出せたりします。ですが個々最近はGoogle Calendar + iPhoneの連携でのスケジュール管理を試験的に行っているのですが、これがなかなか良い感じなのでとりあえずGoogle Calendar勧めてるだけな感じになるかもですが、気にせずいきます。

前まではそこまでGoogle Calendarの見た目も使用感もあまり好きではなかったのですが、ひょんなことから使ってみて「あ、わりといい感じかも。」となり始めてどんどん好きになりました。具体的に僕が「Google Calendarのここが良い!」という部分いくつか紹介。

Google CalendarはUI / UXが洗練れている気がする

兎にも角にも、過去に僕がGoogle Calendar使おうとしてすぐ「やーめたっ」と放り投げた時とはまったく使い勝手が違います。「良い!」と思える機能が数多くあるのですが、「個人や別会社のサービスだったらこの動きさせてくれないよなー」と多々思えます。

痒い所にまで届く

google-calendar2

一番好印象だったのが、「痒いところちゃんとついてくれてるなー」ということです。祝日等が自然に表示されているのもそうですし、右サイドバーにあるToDoに関しても、たとえば会社で「あ、今日家帰ったらやることある。」ってときに書き込んでおけば、家に帰ってきてから一目で分かります。思いついた時に思いついたことを書き残せるのが素敵だと思いました。あと、右上のほうで表示形式を一週間単位や一ヶ月単位といったように変えることができるのも良いです。全体や詳細の見分けを直感的に行えるのは、「スケジュール管理」という、かなり重要なことだけど手短に済ませたいという作業なので、できるだけ自然に扱えることで時間短縮できるのは良いですね。

いつもそこにある

Google Calendarは基本的に様々な端末と同期を行うことができるので、PC / Laptopからのアクセスに制限されず、どこでもいつでも、どれでも(どの端末でも)アクセスできるのがすごく良いなと感じました。やはり特有のアプリ単体だけの場合はスマートフォンに限定されてしまうし、デスクトップアプリだと外出中はほとんどアクセス出来ません。スケジュールなんてコロコロ変わるもの。常にアクセスしてチェックしたり変更したりができる状態がベストです。ちなみに僕はChromeのホームサイトをGoogle Calendarにして、Chrome開いたらとりあえずスケジュール確認、予定の追加等も基本的にブラウザで行う。

移動中はPeek

移動中スケジュール確認をしたい時や変更を加えたいと思った時は「Peek」というiOSアプリと標準のCalendarを使っています。(Peekは今日インストールして使ってみているけど、慣れれば楽しそう。というかまだ使っていない機能ばっかりみたいだ。笑 そのうち別記事にレビュー書きます。)Peekの紹介動画があったので貼り付けておきます。様々なジェスチャーに対応してて面白そうです!

Peek Calendar from Square Mountains on Vimeo.

スケジュール管理方法に悩んでいる方に

スケジュール管理の方法は人それぞれです。もしどれも手をつけにくいと思ったら、無料のGoogle Calendarからちょっと使い始めてみるといいかもしれません。そして新しいものやユニークなものが好きな人はPeekはかなり斬新で楽しげなアプリですので、きっと気に入ると思います。Peekアプリ: Peek Calendar - Square Mountains