Sunrise Calendarの新機能「キーボード上のカレンダー『Meet』」のアイディアが新しい(ja)

Sunrise Calendarという、今年2月11日にMicrosoftによる買収が発表されたマルチプラットフォーム対応(Mac / Windows / iOS / Web / Android)のカレンダーアプリがあるのですが、そのカレンダーアプリの新機能として発表された「Meet」のアイディアが画期的だと思ったので紹介。

Meetとは

https://sunrise.am/meet/

Meetは、iOS / Android上のカスタムキーボードです。一対一でのミーティングやご飯のお誘いの際などのシーンを主に想定して作られているようです。インストールしてキーボードを開くと、キーボード上に自分のSunriseのスケジュールが表示され、空いている時間を好きなようにタップして選択することができます。選択し終えチェックボタンを押すと、カーソルがあたっていた場所に簡易URLが生成されます。誘う側は相手にそのリンクをシェアしてあげます。リンクを開いた相手の画面には、先ほど指定した複数の空き時間が青くハイライトされて表示されます。その中から好きな時間を一つ選び、選択を完了すると、お互いのカレンダーにその時間帯でスケジュールが登録される、という仕組みです。

作成する予定は30分感覚で伸縮でき、予定に対して名前や場所も指定することができます。MeetキーボードはSunrise Calendarアプリをインストール済みでないとインストールはできませんが、誘われた側(リンクをシェアされた側)はアプリを持っていなくても予定を選んで相手に返答することができるようです。

長々と説明しましたが、動画を見るのが一番手っ取り早いでしょう。

説明動画

いいと思うところ、気になるところ

個人的にいいなあと思うところ、気になるところを少し挙げてみました。

個人的に良いと思う点

誘う側

誘われる側

個人的に少し気になる点

まとめ

いかがでしたでしょうか?一度だけ同期とのランチ設定の際に敢えて使ってみましたが、1対1でのランチのお誘いとかって結局チャットで済ませちゃう部分も多いので、もっと多岐に渡って利用シーンが増えればなぁ、と思いました。ですが、アイディアで「おぉ!」と思えたプロダクトを久しぶりに見つけたので、少し興奮しましたとさ。