RSSを一度も使ったことない人へ、RSSのすゝめ(ja)

普段から効率よく情報収集していくことが (特にIT業界で働く人にとっては) ここ最近重要だなと感じている。こんな記事を書いている自分も絶賛試行錯誤中だけれど、以前チームの朝会の場で「どのように効率よく情報収集するか」というテーマでゆるく話をする機会があり、チームメンバーからの反応が意外と良かった (気がした?) のでその時話した内容をここに紹介する。普通のことじゃん、と思われる方もいると思うのでそのときはごめんなさい。

時間のない人のために要約を書くと、

RSS+ツイッター+ラジオで基本情報収集を行っていて、特にRSSには力を入れている。具体的には、Feedly + Reederだよ

ということ。以下、内容ですが、サービスについてはFeedlyやReeder以外については記載していません。

そもそもRSSとは?

アイティメディアのRSSフィード:RSSとはの記載内容を要点だけまとめると、

ということ。

(元の記載内容: アイティメディアのRSSフィード:RSSとは)

つまりRSSという技術で配信されるRSSフィードを、RSSリーダーと呼ばれるもので閲覧する、という流れ。これすると何が良いかというと効率的に最新の情報を収集でき、かつ整理整頓もしやすくなる。具体的には「最新情報無いかな〜?」と都度都度サイトにアクセスしたりとかをするようなことがなくなる、サイトごとにグループ化して管理できる、「あとで読みたい」と思った記事をあとで読むためにリーダー内に保存できる、など。

次はRSSフィードを登録するためのRSSリーダー、Feedlyについて。

Feedly

feedly-welcome (出典: Welcome to Feedly)

Feedlyとは、無料で使えるRSSリーダー。

RSSリーダーの中でわりと有名なのがFeedlyで、自分は大学時代(あるときGoogle Readerが突然終わりを告げた)からこれを使っている。記事を閲覧するだけでなく、未読・既読やあとで読みたい記事や気に入った記事を保存することができる。以下、雑にRSSフィードを登録し受け取るまでのステップを説明。

最後の登録は、左のバーにある + ボタンを押下して検索バーに登録したいサイトのURLを入れたりすると良い。

feedly-subscription

これだけ。簡単。その他の使い方に関しては 「feedly 使い方」 で 検索検索!

Reeder

RSSリーダーアプリケーション。Feedlyアカウント(他にもFeedbinやWranglerなど)でログインして、事前にFeedlyなどで登録したフィードを読むことはもちろん、このアプリからもフィードの登録、解除ができる。基本Feedlyと同じことができるが、見た目がキレイだったり、自分用にショートカットキーを割り当てれたりデザインを変えたりなどができる。このアプリももう何年も使っていてこれなしでは今は生きていけないかもしれないと言っても過言ではないので紹介。iOSアプリとMacアプリがあるよ。ちなみにReederは有料。

詳細に関しては、下記サイトでチェック。

★reeder

以下は公式サイトに載っているスクリーンショット。

Mac

reeder-mac (出典: Reeder for Mac)

iOS

reeder-ios (出典: Reeder for iOS)

キレイ。reeder for Macの場合、スクリーンショットに載っているカラーだけではなく他に何種類かのテーマを選べる。(ごめんなさい、reeder for iOSに関しては、最近使っていなくて確認できていません。)

まとめ

情報は溜まり、溢れていくばかりなので、普段から効率よく情報収集していきたい。効率よく情報収集するための方法の一つとして、RSSの仕組みを使ったRSSリーダーやアプリを自分は使っている。まだ使ったことがないという方は一度は使ってみると良いかもしれません。自分はFeedly経由で現在100弱のサイトを登録しており、reederを通してそれらのサイトの更新情報を毎日苦なく確認できていてとても重宝している(基本的には興味あるタイトルだけ読むorあとで見るのためにスターする)が、最終的には情報収集の方法は人それぞれ合う合わないがあるはずで、本当に自分にあった効率的な情報収集の方法を探しているのであれば、見つかるまではこれでもない、あれでもない、と色々試すのが良いと思う。